あなたの筋力は大丈夫!?これができなきゃ赤信号!

アンチエイジングを実現するためには、
適度な運動をしてある程度の筋力をつけておくこともとても大切です。

 

筋肉がなく、脂肪ばかりの体だと、全体的にたるんでしまい、老けたイメージになってしまいますからね。

 

体の代謝も悪くなってしまいます。メイク等でいくら見た目を若々しくしようとしても、適度な筋力がついていなければ、本当のアンチエイジングはできない、というわけです。

 

そこで、まずはあなたの筋力チェックをしたいと思います。「今の筋力は適正かどうか」を、自分で確かめてみましょう。

 

片足立ちで筋力チェックしてみよう!

ではさっそく、あなたの筋力チェックをしてみましょう。

 

やり方はとっても簡単。
左右の足でそれぞれ、「1分間の片足立ち」をしてみるだけです。目は閉じなくてもいいですよ。
途中でよろけそうになっても、片足立ちのまま体勢を立て直せていればOKです

 

「片足立ち1分なんて簡単」と思われるかもしれませんが、筋力が低下している人にとって、実はこれは筋力が衰えた人にとっては、かなり難しいことなのです。
筋力が低下していると、よろけた時点で「体勢を立て直すだけの筋力がない」という状態になるため、上手くバランスを戻すことができないのです。

 

ちなみに体勢を立て直すための筋肉は、下半身だけでなく、背筋や腹筋など、体の軸となる筋肉も使います。
つまり体勢が立て直せないということは、「軸となる筋肉が弱っている」という証拠なのです。

 

もっとひどい人の場合は、「1分間、片足を上げていることそのものが無理」という状態になります。
ここまでくると完全な赤信号。筋力はもはや「老人レベル」と考えた方がいいかもしれません。

 

あと、1分間の片足立ちを左右の足ともに何とかクリアしたものの、
ギリギリだった、つらかった・・・という人は黄信号ですね。

 

「1分間の片足立ちくらい、それほど苦もなくできる」というのが、正常な状態なのです。

 

下半身の筋力を重点的にチェックしてみよう!

1分間の片足立ちが問題なくクリアできた人は、次に「下半身に重点を置いた筋力チェック」もしてみましょう。

 

これもやり方は簡単。
片足立ちをして、軸足となっている足のひざを軽く曲げ、20秒ほど静止するだけです

 

下半身の筋肉が少なくたるんでいる人は、これだけでも足がかなり張るような感じになってしまうはず。たった20秒なのにこの姿勢がつらい、続けられない、と感じてしまった人は、下半身の筋力が赤信号、ということになりますよ。

 

これらのチェックで気になる点が見つかった人は、アンチエイジングのために筋力アップをすることが必須な状態と言えます。

page top