これならできる!らくらく筋トレ

アンチエイジングに欠かせない筋力アップのためには
「効果的な筋トレ」を覚えていくことも大切。

 

筋トレといえばダンベル運動や腹筋運動などをイメージする人も多いですが、
ダンベル運動や腹筋運動は「きついので続かない」という人が
圧倒的に多いのが現実。

 

挫折してしまえば、当然のことながら結果もついてくるわけがありません。

 

きつくて続かない筋トレをするよりも、もっと楽にできて続けやすい筋トレをやるほうが、結果的には効果が出やすいのです。

 

イスに座っての筋トレ

ではまず、イスに座って簡単にできる筋トレをご紹介しましょう。

 

最初にやりたいのは「脚伸ばし運動」。
深くイスに腰掛けて背筋を伸ばし、手はイスの座面を軽くつかんだ状態で、片方の足をまっすぐ前に伸ばし、足首だけを曲げて、足先を上に向けるようにした状態で、5秒静止します。左右の脚を交互に、10回ぐらい繰り返しましょう。これだけでも、太ももの表と、ふくらはぎの部分の筋肉がかなり刺激されているのが実感できるはずですよ。

 

次に、今度は「左右の太ももを交互に上げる運動」をします。
これも、太ももを上げたら5秒静止、左右交互で10回ぐらい繰り返して下さい。

 

最後に、今度は両脚を床につけましょう
そして両脚の先をきちんと揃えた状態で、かかとは床にぐっと踏み込むようにして、つま先だけをぐっと上に向けて5秒静止、という運動を10回ほど繰り返します。

 

 

この3種類の筋トレをやるだけでも、脚の筋肉がかなりバランスよく鍛えられますよ。

 

脚も腹筋も背筋も鍛えられる、おすすめ「楽々スクワット」

脚も腹筋も背筋も、バランスよく鍛えられる筋トレとして
おすすめなのがスクワットです。

 

ただし、スクワットといっても「思いっきり下にしゃがみこむようにしてから立つ」という、本格的なスクワットをする必要はありませんよ。

 

むしろ、素人が本格的なスクワットをしようとムキになると、
かえってスクワットの姿勢に歪みが出てしまうこともあります。

 

そんな本格的スクワットよりも、
「もっと中途半端な曲げ方をする、楽なスクワット」のほうがおすすめ
です。

 

やり方は・・・

 

@まず、脚を肩幅ぐらいに開いて、つま先は真っ直ぐ前を向かせるのではなく、多少「外向き」にして下さい。

 

A腕は、両腕とも真っ直ぐ前に伸ばし、軽くこぶしを握ります。

 

Bこの状態で、ゆっくりと「呼吸をしながら」、
ひざを90度くらいの角度まで曲げ、そのまま数秒だけ静止して下さい。

 

 

これを10回ほど繰り返すだけです。
最初のうちはこれだけでも、結構な筋肉刺激になる、ということが実感できるはず。逆に言えば、このスクワット10回程度じゃ全然物足りないな、というくらいになれば、筋肉がついてきた証拠にもなるわけです。

 

物足りないな、と思えるようにまで筋力がついたら、1日のスクワット回数を15回まで増やしましょう!それ以上増やす必要はありません。

page top