基礎代謝アップ運動の基本の基本とは?

基礎代謝をアップさせるためには、筋力アップをすることが必要。
ですが、基礎代謝アップの運動って、どんなことをしたらいいのでしょうか。

 

難しく考える必要はありません。
実は、本当に「誰でも、今すぐにでも実践できる」という、基礎代謝アップ運動の基本ワザがあるんですよ。

 

これが基礎代謝アップ運動の基本の基本!

基礎代謝アップ運動の基本の基本というのは、
実は、「背筋を正しく伸ばすこと」。ただそれだけです。

 

 

背筋が歪んでいると、それだけで内臓を圧迫したり、体内循環に支障をきたすことも少なくありません。ですから背筋を伸ばすことで、まず内臓を圧迫から開放させて、体内循環を正常化することが大切なのです。

 

「背筋を伸ばすことの何が運動なのか」と思われるかもしれませんが、猫背などで背筋が伸びていない人にとっては、「背筋を伸ばす」ということだけでも、やってみると結構疲れるものなんですよ。

 

それほど、不自然な姿勢に慣れてしまっているということですね。

 

背筋を正しく伸ばす為のポイント

と言っても、普段から背筋が歪んでいる人はどうやって伸ばせばいいのか分からないと思いますから、
以下の3点を意識して立ってみて下さい。

 

両脚は揃えて、つま先は卵ひとつ分くらい開ける。
「頭の上をつかまれて真上に引っ張られている」というようなイメージをする。
両手はだらんと下げ、肩の力を抜く。

 

この姿勢を維持して、5分ほど立つだけでも、普段背筋が歪んでいる人にとっては、結構な運動になるのです。

 

背筋の伸ばし方がどうしても分からなければ正座しよう!

さて、先ほどの「背筋の正しい伸ばし方」を見ても、イマイチよく分からない、という人は、正座をしてみましょう。

 

両脚の親指を重ねるようにして正座し、手は、ひざ近くではなく、太ももの上に軽く置くようにします
この姿勢で前を向けば、背筋は自然と伸びるはずですよ。
正座は慣れない人にとって長時間やるのは苦痛だと思いますが、これもできれば1日5分はやりたいものです。

 

正座を応用したバスタイムでの基礎代謝アップ運動

正座をするとスッと背筋が自然に伸びやすいのですが、この正座を利用して、バスタイムに基礎代謝アップ運動をやるのもおすすめです。

 

どうするかというと・・・

 

湯船の中で正座し、
「骨盤だけを左右にゆっくり振る」という運動
をするだけ。

 

この運動の何がいいかというと、水平運動の効果で骨盤の歪みが解消されていくのです。そもそも姿勢の歪みというのは骨盤そのものの歪みから来ている部分も多いので、これを改善しようというわけですね。

 

さらに湯船の中の正座というのは、お湯の浮力の助けもあるので、床での正座ほど、「足が痛い」と感じることもないはず。苦痛が少なく、効果的な基礎代謝アップ運動ですので、超おすすめです。

 

page top