肌を若々しくするための正しいクレンジング

肌を若々しく健康な状態にするためには、クレンジング・洗顔・スキンケア・メイクのすべての手順において、
「肌に負担をかけず、いたわる」という点を心がけることが何よりも大切です。

 

まずは、肌にやさしい「アンチエイジングのための正解クレンジング」をマスターしましょう。

 

クレンジングへの「過剰な期待」をやめよう!

クレンジングによる肌への負担をなるべく軽くするためにはどうすればいいかというと・・・

 

「クレンジングの段階では、メイク汚れを軽く浮かせればOK」
という認識で、数十秒程度で素早く終えるのが最大のポイントです

 

なぜならクレンジングの後は、浮かせた汚れを洗い落とすために、洗顔するわけですからね。油分が浮きさえすれば、洗顔料でちゃんと汚れは落とせます。ですからクレンジング剤はメイク汚れを浮かせさえすればそれで仕事は完了していることとなり、あとの仕事は洗顔料にバトンタッチすればいいのです。

 

早い話が、「クレンジングに完璧な汚れ落としをさせるなどという、
過剰な期待をしない」という考えが必要なわけですね。

 

時間をかけないクレンジング法

短時間で効率良くメイク汚れを浮かせるためには、クレンジング剤はたっぷりと使うこと

 

ケチケチ使うと、顔全体にクレンジング剤を行き渡らせるのだけでも時間がかかってしまいますし、
クレンジングの際も肌をゴシゴシこするようになってしまいがちですからね。

 

「じゅうぶんな量を手に取り、顔全体に手早くのばして、
少しだけ指の腹で肌の上をくるくると回すようにしてメイク汚れとなじませる」
というやり方が正解なのです。

 

クレンジング剤はクリームタイプを選ぼう!

クレンジング剤選びも、肌への負担を大きく左右する大きなポイントです。

 

オイルタイプやリキッドタイプは、洗浄力が無駄なほどに高い上に、
さらっとしているので、どうしてもクレンジングの際に肌をこすりがちなのでNGですよ

 

そんなものよりも、肌を強くこすらずに、無理なくメイク汚れを浮かせることができやすい
クリームタイプのほうがおすすめです

 

クリームタイプのクレンジング剤に使われている界面活性剤はオイルタイプやリキッドタイプに比べるとマイルドなものが多い、というのもメリットのひとつです。

 

それでも落ちにくいメイク汚れはどうしたらいいの?

というわけでクレンジングは「クリームタイプをたっぷり使って手早く」というのがおすすめなのですが、「それだけでは、クレンジング後の洗顔をしてもポイントメイクなどが残ってしまう」など、人によってはメイク汚れの落ち具合に不満を持つ人も出てくるでしょう。

 

そんな場合は、クレンジング前にあらかじめ
オリーブオイルやホホバオイル、馬油などを
「メイク汚れが落ちにくい部分」になじませておくのがおすすめです

 

これらは界面活性剤も使われていない上に、肌と相性が良くアレルギー反応等も起こりにくい安全安心なオイルですし、「油とメイク油分をなじませる」ということで、無理なくメイク汚れをやわらかくする作用が期待できるのです。

 

 

やわらかくなった油汚れなら、クリームタイプのクレンジング剤+洗顔料できちんときれいに落とせるようになるはずですよ。クレンジングの数分前から、これらの油をなじませておきましょう。寒い季節は、油を体温やドライヤー温風等で少し温めた上で使うのがおすすめです。

page top