あなたを老けさせる間違い洗顔

クレンジング後におこなう、洗顔料を使っての洗顔は、「肌の汚れをきれいに落とす」というための最終段階です。
クレンジングから洗顔までを正しくやってこそ、その後のスキンケアが生きてくるわけですね。

 

逆に言えば、間違った洗顔をしてしまうと、その時点で肌にダメージを与えてしまう、ということです。
洗顔後にいくらいいスキンケア用品を使おうと、
洗顔時のミスによって「台無し」にしてしまう可能性があるというわけですね。

 

洗顔料選びの間違いに気をつけよう!

さて、「洗顔料として何を使えばいいのか」と聞かれると、
あなたは何と答えますか?

 

肌の乾燥を防ぐための、しっとりタイプの洗顔料?
肌にやさしい、肌と同じPH値をもつ、弱酸性洗顔料?
毛穴の汚れをかき出してキレイに落とせる、スクラブ入り洗顔料?

 

 

・・・実はこれ、ぜ〜んぶ間違いなのです

 

しっとりタイプのデメリット

なぜ、これらの洗顔料が良くないのかというと・・・まず、しっとりタイプの洗顔料は、
たとえて言うなら
「リンスインシャンプー」のようなものが多く、洗い上げと油分補給を同時にやってしまうんですよね。だからこそ洗い上がりは、良く言えば「しっとり」なのですが、悪く言えば「油分によるべたつき」でもあります。

 

つまりしっとりタイプの洗顔料は、メイク汚れや皮脂などの、油分の汚れが顔に残ってしまっていても、それに気付きにくい洗い上がりになるというデメリットがあるんですよ。しかも「しっとり感」を出すための油分が肌に残るだけに、その後のスキンケアの際に化粧水や美容液などの水分を弾いてなじみにくくしてしまう、というリスクも出てきます。

 

弱酸性洗顔料のデメリット

次に、弱酸性洗顔料がおすすめできない理由ですが、
これは何よりも「洗浄力が弱い」というのが一番の理由です。

 

ノーメイクで、「皮脂さえ落とせばいい」という人であれば弱酸性洗顔料の洗浄力でもいいのですが、クレンジングで浮かせたメイク汚れをきれいに落とすとなると、弱酸性では力不足になるケースも多いのです。

 

また、「肌と同じPH値」という理由で弱酸性洗顔料を選ぶ人も多いですが、使えばすぐに洗い流す洗顔料に対して、そのPH値にこだわることは、実はあまり意味がありません。
たとえば石けんはかなりのアルカリ性で、肌とはまるでPH値が違うものなのですが、それでも一般的なボディーソープなどよりもずっと肌トラブルのリスクが少ない、安全な洗浄料としてずっと使われている、という事実がありますからね。

 

スクラブ洗顔のデメリット

そして、最後にスクラブ入り洗顔料についてですが、
これはスクラブによる刺激が肌に無数の傷をつけてしまう、
という恐ろしいリスクを抱えているので、絶対におすすめできません
毛穴の汚れをスクラブでかき出そうと必死になればなるほど、肌がスクラブとの摩擦でどんどん傷ついてしまうのです。

 

あなたの洗顔・・・「頬」からやっていませんか?

 

次に洗顔そのもののやり方ですが、ここでも間違いが多いですね。

 

泡洗顔をする際に、ほとんどの人が泡を最初につけるのが「頬」で、
この部分から洗い始めるのが定番なのですが、
これがそもそもの間違いなのです。

 

どういうことかというと・・・

 

頬というのはどうしても「洗いやすい部分」なので、
意識しなくても一番「何度も洗ってしまう」場所なんですよね。
つまり「洗いすぎ」になりやすいのです

 

さらに「泡洗顔しながら顔のマッサージ」などとやる人がいますが、クレンジングでの顔マッサージがタブーなのと同様に、これも最悪の行為と言えます。

 

「泡をクッションにしてマッサージするんだから肌に負担はないでしょう」と思われるかもしれませんが、無駄に長く洗顔をしていると、洗顔料の洗浄剤が、油汚れを落とすだけでなく、どんどん角質のすき間から角質層に入り込み、角質層の中のうるおいまで奪ってしまいます。こんなことを毎日繰り返していると、肌はどんどん乾燥してしまいますよ。

 

それに、そもそも顔のマッサージというのは、素人がやるべきものではありません。
どうしてもどこかで不必要な力が入ってしまい、筋肉や皮膚を引っ張りすぎて、かえってシワなどの原因を作ってしまうというケースが多いのです。

page top