あなたを老けさせる間違いクレンジング

 

クレンジングというのは、メイク汚れをきちんと取り除くための第一ステップですから、
メイクをしている以上、やらないわけにはいきません。

 

ですがこのクレンジング、やり方ひとつを間違えるとあなたの肌を老けさせてしまう可能性がありますので、
注意が必要です!

 

「クレンジング剤で顔をマッサージ」は最大のタブー行為!

クレンジング剤には強力な界面活性剤が使われているからこそ、
クレンジングはなるべく手早く済ませることが大切です。
「クレンジング剤で顔をマッサージ」などということをやっていると、界面活性剤が肌にどんどん悪影響を与えてしまいますよ。必要なうるおいまで奪って、乾燥肌の引き金にもなりかねないのです。

 

 

クレンジング剤はオイルタイプやリキッドタイプを避けよう!

 

次に注意したいのが、クレンジング剤選びをどうするか、という点です。

 

クレンジング剤というと、メイク汚れになじみやすいオイルタイプが人気ですが、実はこれは使い心地がサラッとしているために、肌になじませる段階でどうしても肌をこすってしまいがちになるというデメリットがあるのです。リキッドタイプも同様ですね。

 

しかも、これらのタイプのクレンジング剤は、界面活性剤のレベルも特に強力ですから、その点でも肌への負担が大きいと言えます。しかし、それほど強力な界面活性剤が、本当に必要なのでしょうか?

 

そもそもクレンジングというのは「メイク汚れを浮かせる」というところまでできれば、それでいいわけですからね。よほど濃いメイクをしている人でもない限り、
オイルタイプやリキッドタイプレベルの洗浄力は必要ないはずなのです

 

クレンジングの後にちゃんと洗顔をするのですから、「強いクレンジング剤だけで完璧に汚れを落とそう!」という考えそのものが間違っている、というのが正解です。クレンジングですべての汚れを落とそうという行為は、肌をいじめるだけの結果になってしまいますよ。

 

ましてや、クレンジング剤を使って顔のマッサージをするというのは、もってのほかです。
クレンジング剤はあくまで「メイク汚れを浮かせる」という仕事をするためのものであり、顔面マッサージをするためのものではありません。

 

クレンジング時の顔マッサージは、「せっかく浮かせたメイク汚れを肌にこすりつけながら、肌への負担を増大していく」というものに過ぎない、ということを理解しておきましょう。

 

「クレンジングは肌に負担をかける行為」であることを認識しよう

クレンジングをするにあたって、まず知っておかなければいけないことは、「クレンジングというのは、メイク汚れを浮かすために不可欠な手順ではあるけれど、それと同時に、肌にかける負担が非常に大きい行為でもある」ということです。

 

どういうことかというと・・・メイクというのは油分が多いもので、その油分を肌から浮かせるためには、それなりに強力な洗浄力があるクレンジング剤を使う必要があるからなんですよね。
たとえば、食器洗いの際に、手に油がベタッとついてしまうと、食器用洗剤を手に直接つけてかなりゴシゴシ洗わないとスッキリしない、という経験は、誰もが一度はしたことがあるでしょう。

 

油分が濃い汚れというのは、それほど落ちにくいものなのです。

 

ですからメイクを浮かせる役割を果たすクレンジング剤には、洗剤などと同様に、水分と油をなじませ乳化させる「界面活性剤」が、洗顔料などよりもはるかに強力に、たっぷりと含まれているわけです。
こんな強力なものをゴシゴシ顔にこすりつけるなんて、いいわけがありませんよね。

page top