あなたを老けさせる間違いスキンケア

クレンジング、洗顔が終わったら、いよいよスキンケア開始です。
汚れを落としたきれいな肌に、良質な成分をしっかりとなじませていきましょう。

 

ただしここでもいくつか気をつけるべき「間違いやすいポイント」がありますよ。

 

えっ?化粧水のコットン使用はNG!?

化粧水を肌につける際、手のひらにとって直接肌につける、
という人もいれば、まずコットンに化粧水をとって、
そのコットンを肌につけて化粧水をなじませる、という人もいるでしょう。

 

ですが・・・コットン派の人には申し訳ないのですが、
できればコットンの使用は控えて下さい

 

なぜかというと、
コットンが肌に刺激を与えてしまう可能性が高いからです。

 

どういうことかというと・・・まず、肌の上でコットンをすべらせるようにしているタイプの人は、肌の上でコットンがこすれる形になるので、思った以上に、摩擦の影響が大きくなってしまうのです。

 

 

次に、コットンでパッティングするようにしているタイプの人は、これもまたパッティングの刺激の際に、
ピンポイントで摩擦の刺激を与えることになります。

 

「パッティングの刺激なんてほとんどないでしょう」と思われるかもしれませんが、実はコットンというのは、化粧水を含ませたあとにしっかりと触ってみると分かりますが、たとえ元が「ふわふわコットン」であっても、水分を吸うと固くなってしまう性質を持っているのです。固くなった分、摩擦による影響も大きくなってしまうというわけですね。

 

 

美容液はケチらず、たっぷりと!

スキンケアの中でもっとも重要な役割を果たすのは、実は美容液です。
美容液には、化粧水よりもはるかに濃い美容成分が配合されていますし、しかも油分がほとんどないので、肌にもなじみやすいですからね。

 

しかし、美容液は高価だからということで、購入そのものを敬遠されがちです。
「その分化粧水をたっぷり肌に与えていればいいでしょう」と思う人も少なくありません。
しかし、化粧水というのはどうしても美容成分が薄いので、肌にバシャバシャとつけたとしても、それだけでじゅうぶんな美容成分が肌になじむわけではないのです。

 

化粧水の役割というのは「最初に美容成分をある程度与える」というのももちろんありますが、肌全体に美容成分を混ぜた水分を与えることによって、次のプロセスである美容液の「肌へのなじみ」をサポートしている部分も大きいのです。

 

せっかく化粧水によって美容液がなじみやすい状態になっているのに、かんじんの美容液を使わなかったり、使用量をケチったりしていては、何にもなりませんよ。

 

スキンケアの仕上げに油分たっぷりのクリームでしっかりフタをするは間違い!?

さて、スキンケアの仕上げはどうすればいいかというと・・・

 

「化粧水や美容液を蒸発させないように、クリーム等を使って油分でしっかりフタをする」と考える人も多いでしょう。
しかし実は、油分をあまりつけすぎると、その油分が酸化して肌の老化を招いたり、ニキビを誘発してしまうことも少なくありません

 

実はスキンケアにおいて、
「肌への油分補給」なんていうのは、最低限でいいんですよ
「そんなことを言われても、顔にべったりクリームや乳液をつけないと、肌が乾燥してしまうから仕方ない」という人は、もっと前の段階、つまり「化粧水や美容液使用の段階」から見直す必要があります。ここで保湿ができていないから、油分で「うるおいを与えたように、肌をごまかす」という必要性が出てくるわけなんですよ。

 

page top