アンチエイジングのための「油」選び

私たちが普段の食事の中で摂取している「油」。

 

実はこれが、アンチエイジングにも大きな影響を与えるというのをご存知でしょうか。

 

どういうことかというと・・・

 

アンチエイジングにおすすめの油と、体の老化を促進してしまいやすい油とがあるのです。

 

 

アンチエイジングのために摂りたい油はこれ!

アンチエイジングのために摂りたい油は、以下のとおり。

 

青魚の脂
フラックスシードオイル(亜麻仁油)
えごま油(シソ油)
オリーブオイル
アボカドの油
ごま油
キャノーラ油

 

これらの油は、「他の油より体内で燃焼しやすい」「油そのものが酸化しにくい」「油の成分に抗酸化作用がある」など、
何らかのアンチエイジング効果が期待できるものばかりです。

 

料理に使う油はサラダ油ではなく、オリーブオイル・ごま油・キャノーラ油を使い分ける、
などという形にするのがおすすめですよ。

 

体の老化を促進してしまいやすい、摂りたくない油はこれ!

 

では逆に、アンチエイジングの大敵となる、
摂りたくない油はどんなものがあるのかというと・・・

 

ズバリ、
マーガリンとショートニングが、「アンチエイジングの2大大敵」です。

 

これらの油には、たっぷりと「トランス脂肪酸」というものが含まれています。

 

そしてこのトランス脂肪酸こそが、体の老化を促進させてしまう元凶。
どんな害があるかというと、早い話が「しばらく放置して油が酸化してしまった揚げ物の油」に近いものがありますね。
これを摂ると、体内の細胞が酸化されやすくなってしまうのです。

 

ちなみにショートニングは、クッキーやケーキなどの市販の洋菓子類によく使われている油ですよ。

 

マーガリンとショートニング以外でも
酸化してしまいやすい揚げ物の油や、
肉の脂身やバターなどの動物性油脂なども出来れば避けたほうがいいでしょう。
 
酸化した油はやはり細胞老化につながってしまいますし、動物性油脂の摂りすぎは動脈硬化の引き金になるなど、「血管老化」につながる可能性があるのです。

 

マーガリン・ショートニング・バターこの中で使うとしたら?

と、ここで気になるのは「マーガリンもバターも良くないと言われたらどちらも使えない、どうしたらいいのか」という点ですが、この2つのうちどちらかを選ぶというのであれば、断然バターをおすすめします

 

なぜなら、バターは牛乳から油分を分離させて作ったものであり、動物性油脂の中ではかなり「質のいい油」と言えます。牛乳以外に使用している原材料と言えば少々の食塩ぐらいでシンプルですし、さらにバターの油分には、ビタミンA・D・Eなど健康面に嬉しい成分も含まれているのです。

 

ですからバターは「摂りすぎなければさほど問題ない」というレベルであり、マーガリンのトランス脂肪酸の摂取による大きな害と比べれば、「バターのほうがずっといい」ということになるのです。

page top